京都で満腹満足

くぼゆうが京都のグルメをお伝えするブログ

『穴子屋 NORESORE』京都、二城で美味しいアナゴ

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

くぼゆうです。

 

 

今回は、京都で美味しい穴子料理を食べることのできるお店を紹介したいと思います。

 目次

 

f:id:kuboyuusuke:20190810185939j:image

 

穴子屋 NORESORE

 

f:id:kuboyuusuke:20190810182713j:image

 

お店の名前は、穴子専門店 穴子屋 NORESORE 京都本店 です。NORESOREというのは、アナゴの稚魚のことです。お店の場所は二条城の近くにあって、静かで良いところです。ANAクラウンプラザホテルの裏手になります。お店に駐車場はありませんので、お車なら近くのコインパーキングをご利用ください。

 

 

お店は二条城の近く

 

お店は町家の雰囲気を大切にされてて、居心地は良いですね。女子会やデートにもピッタリです。二条城を見学した後にアナゴ専門店でディナーって良いんじゃないでしょうか?季節によっては二条城のライトアップもありますしね。

 

 

食べログからの予約でTポイント

 

場所柄か、お客さんは外国の方もたくさんいらっしゃってました。穴子屋ご機嫌コース(4000円税)は前日までの予約が必要ですので、食べログから予約しておきました。食べログから予約すると、Tポイントがもらえます。お得ですね。

 

 

飲み物はアルコールも揃っている

 

僕はノンアルコールの梅酒のソーダ割りを注文しました。暑い日でしたが、とても美味しかったです。

f:id:kuboyuusuke:20190810184713j:image

 

もちろん、ビールから日本酒などアルコールも揃ってましたし、ノンアルコールのドリンクも数種類ありました。

 

 

穴子屋ご機嫌コース

 

f:id:kuboyuusuke:20190810183129j:image

一品目から期待以上に美味しかったです。特に右上の季節の小鉢が秀逸でした。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810183303j:image

二品目はお刺身ですね。マグロとタイと三種のアナゴです。このお刺身がかなり美味しく、楽しめます。左から、お醤油、ぽん酢、塩になってます。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810183448j:image

三品目は天ぷらですね。オクラは食べやすいように半分にカットされており、スジが口の中に残ったりしませんでした。アナゴもふんわりしていて、お塩でいただくのが合っていますね。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810183635j:image

四品目は鰻巻きならぬ、穴巻きです。写真では分かりにくいかも知れませんが、大きくて食べ応えありました。熱すぎず、ちょうどの暖かさで提供されました。上にかかっているのは、餡ですかね美味しかったです。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810183859j:image

五品目は穴子とお野菜が土佐酢のジュレで和えられていたお料理でした。穴子が香ばしく、口に入れた瞬間、美味しいと声に出てしまいました。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810184035j:image

六品目は穴子茶漬けです。僕のオススメな食べ方は半分くらいは穴子丼として食べて、残りをお茶漬けでいただきます。この六品目の途中くらいで満腹になってきました。

 

f:id:kuboyuusuke:20190810184243j:image

最後の七品目はデザートです。わらび餅とパイナップルのシャーベットから選べました。暑い夏はシャーベットの方が良いかも知れませんね。右上は暖かいお茶です。

 

 

アナゴ以外の料理もある

 

僕はアナゴのコースを予約したので、アナゴ以外の料理を食べませんでしたが、もちろん一品料理もありますので、飽きることなく食事出来ますよ。

 

 

まとめ

  • 閑静な二条城の近くにある
  • 駐車場はないので車で行くのなら近くのコインパーキングを利用
  • 京都市営地下鉄二条城前駅から徒歩5分くらい
  • アナゴ専門店は珍しいが、とても美味しい
  • 雰囲氣も良いので、デートにもピッタリ
  • 席数はかなりあるが、予約がベター
  • 女子会やデートに最適

 

 

 本日のお店

穴子屋 NORESORE 京都本店